プロフィール

ゆかひな農家さん

Author:ゆかひな農家さん
こんぬつわ。
ゆかひな農家たつだす。タイトルはフザけているけれど、本気で農業を考えておりますだ。
「日本の農業をどげんかせんといかんゼヨ!」(あ、方言メチャクチャや)

最新記事

カテゴリ

最新コメント

FC2カウンター

メンバーのブログ

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生物農薬って?

寺尾です!

先週の木曜日、NHKのある番組で面白いテーマを見たので紹介します。

生物農薬という概念があるようで、羽のないてんとう虫を作ったという話であった。遺伝子をいじらないで

羽の無いてんとう虫を開発して、害虫を駆除するのに活用するのだそうだ。てんとう虫として何と言う迷惑なことか!

確かに人類の発展に寄与するかもしれないが、何とも人間の欲望達成のためにここまでやるのか?という興ざめた

感想を抱いた。この話はまだ研究段階ですから実用になるかどうかは今後の展開を見る必要がありますが、遺伝子

組み換え作物の例に習う話ですが同じ分野の研究です。

人間とは何と言う僭越な存在でしょうか!

(完)
スポンサーサイト

養鶏場 涅槃の里?がオープン!

寺尾です!

春になりましたね。各自忙しく農業に取り組んでおられると思います。


我々の仲間の池田司氏が準備を進めてきた養鶏場が昨日500羽の鶏を導入して事業を開始しました。

場所は四万十市竹島の国営農場の一角です。

他府県(彼は千葉県から)からの就農例として、地元市民として心から歓迎したいと思います。

先輩としての養鶏事業を営む藤田さん(この会のお仲間)の多大なる協力、その他この会の仲間達の

協力もあって今日を迎えたわけですが、今後の事業の発展を祈りたいと思います。

詳しくは彼のブログをご参照ください。

平成23年2月22日が記念すべきスタートの日になりましたが、時間がある方は現地を訪問して

激励をしてやってください。(完)

ああ、もう一つありました。

西尾です。

もう一つ紹介しときます。

別の方からですが、

こんなのあるけど→ここ

って、教えてくれました。

本気で起業を考えている人。どうでしょう?

ではでは~

最近、めっちゃ寒いですね。

西尾です。

この寒い中みなさんどんな作業をしてるんでしょう?

養鶏やハウスでの栽培の人はそんなに変化はないのかな・・・・・。

ボイラーの重油代が気になりますが。^^;

僕は苗床のハウスのビニール張り作業が多いです。

みなさんの近況を適当にアップしてくださいねえ。^^ノ


提案です!

寺尾です。新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

12月の話ですが、熊本県の松本農園という農業生産法人の話題がテレビで放映されていました。
若いメンバーを31名も雇用していて、日々の農業日報が記録されていて、消費者がこの農場の
野菜をスーパーで買うと、ラベルに番号が記載されており、インターネットでこの番号を入力すると
松本農園の地図が表示され、購入した野菜に使用した農薬が見られるのだそうだ。

広い圃場で圧倒的な量のニンジンが収穫されていて、そのニンジンを購入した消費者が「情報を全て
公開しているこの農園に全面的に信頼感がある・・・」という発言をしていた。

何でも英国に(多分日本食のお店向けかと思うが・・)大根も輸出していると社長が発言していた。
すでに年商1億円の農業法人だそうで、TPPも前向きにとらえて大いに日本の野菜を海外に輸出して
いきたいという社長のコメントもあった。

そこで提案です。これくらいの農業法人が出現して若いメンバーを31名も雇用しているのですから
我々四万十市の農業法人も、せめて栽培情報を公開するシステムに早急に挑戦しようではないか。

飲み会には大勢が集まったが、こうした新しい取り組みについて研究会をスタートさせたいと考えて
いますがご意見は如何?でしょうか?

新しい年が始まっています。以下の情報をもって集まって会をスタートさせましょう。。

①新年度の作付け計画、圃場の面積、
②生産・販売計画
③本年の夢

そして農業生産法人、又は出荷組合を作ることを具体化していきましょう。
その法人の名前は「○○法人 四万十の風」としてはどうかと考えています。

以上ご意見をお待ちしています。

寺尾拝

テーマ : 高知 - ジャンル : 地域情報

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。