FC2ブログ
 

プロフィール

ゆかひな農家さん

Author:ゆかひな農家さん
こんぬつわ。
ゆかひな農家たつだす。タイトルはフザけているけれど、本気で農業を考えておりますだ。
「日本の農業をどげんかせんといかんゼヨ!」(あ、方言メチャクチャや)

最新記事

カテゴリ

最新コメント

FC2カウンター

メンバーのブログ

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「有機農業の村」を作ろう!

過疎の地域の空き家情報はうんざりするほどある。今回の英国人の件もであるが、各地に過疎の村があると言うから、そこに有機農業村を作って、そこに受け入れをしてはどうだろうか!

■1案・・・鵜の江(四万十川上流)
  ここはあと4~5年で高齢化で村がなくなるという心配があるという。今日も空き家が2件ファイルにあった。もちろん地元の同意を得ての上である。

■2案・・・江ノ村(中筋地域)
  4~5町歩もの耕作放棄地がある。ここに有機村を作って、4~5人の就農希望者を迎える。

もちろん、耕作地のみを提供しようというのではない。ここで有機の野菜を作って、「安心・安全・うまい」をキーワードに、できた有機野菜を消費者に提供する農業生産法人を作って、地域再生の起爆剤にするという計画である。若い世代が就農したい・・と希望が持てるモデルを創ろうではないですか?

まだ漠然としたものでしかないが、窪川のあぐり塾に8月になって8名の就農希望者が入熟したと言う。このうち4名ほどを四万十市で受け入れる・・という構想が前提にある。系統出荷に依存していては農家経営は持たない。
「よい野菜を作る努力半分、売る努力半分」とは何度も耳にした話である。

こうでもしないと四万十市を再起させる方法はないと考えているが、皆さんはどうだろうか?(寺尾)
スポンサーサイト

<< 来週です。  【BACK TO HOME】  英国人夫妻(奥さんが日本人)が過疎地域に住みたいと・・ >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。